ここで出会える。あなたにぴったりな安⼼・安全のリノベーションの専⾨家

国土交通省補助採択サイト 当サイトは平成28年~令和2年住宅ストック維持・向上促進事業の採択を受けています。

SCROLL

ここで出会える。あなたにぴったりな安⼼・安全のリノベーションの専⾨家

SCROLL

国土交通省補助採択サイト 当サイトは平成28年~令和2年住宅ストック維持・向上促進事業の採択を受けています。

海立方线上线路检测

    もっと事例を見る

    海立方线上什么意思

    • main_point_detail

      海立方线上最新地址

      猫は犬と違い散歩をさせることは少なくほとんどが家のなかで過ごします。また猫は上下運動を好む動物です。室内でも動き回れる通り道や遊び場をつくると猫の運動不足やストレス解消につながります。大切な家族の一員である猫に喜んでもらえるキャットウォークをつくってみませんか。

      海立方线上官方地址

      猫は後ろ向きに歩くことが苦手です。方向転換もあまり得意ではないため行き止まりを作らず二方向から出入りできるようにしましょう。多頭飼育の家では猫同士が鉢合わせした時のために25cm以上の幅の通路が必要です。

      猫は高いところにあるプライベートなスペースを好みます。キャットウォークの高所に穴の開いた猫ボックスを作ると居心地の良い場所になります。またキャットウォークの直線距離が長いと猫は全力疾走したくなります。途中でクランクさせるほか猫ボックスを要所に配置するなど工夫が必要です。直線距離は長くても3m以内としましょう。

      高いところからジャンプすると猫の体重よりも大きな負荷がかかるので、設置する壁は補強が必要です。強度は十分に検討し余裕をもって製作してください。

      海立方线上登陆地址

      キャットステップ(猫専用階段)は大きすぎると人の邪魔になってしまいます。最小寸法で幅15cm程度ですが、ぽっちゃり猫を考えると20cm程度はとりたいところです。

      猫が楽にジャンプできる高さと距離を保つことも大切です。50cmくらいは楽にジャンプできますが老猫になった時も考えて20cm程度に抑えておき、アスレチック的に一部高さや勾配を変えるのもお勧めです。

      海立方线上登陆地址

      「素材にもこだわりを」

      猫の肉球は敏感です。触り心地の良い素材で作りましょう。滑りにくさや触り心地の良さを考えると木材を使用することが好ましいです。カーペット素材も猫に好まれます。安全であまり高くない位置の一部分をアクリル板などで作成すると下から肉球が覗けて人も楽しめますね。いずれにしてもお手入れのできる高さと素材を心がけましょう。

      猫にとって魅力的な場所の条件は「外の景色が眺められる」「日なたぼっこができる」「室内の動きを観察できる」などです。猫にとって使いやすい空間を計画することが第一ですが、ちょっとした工夫で一緒に暮らす人にとっても満足できるオリジナルのキャットウォークを作りたいですね。

      2019.12.28

    • main_point_detail

      ウインドウトリートメントについて

      窓廻りを装飾的に演出することをウインドウトリートメントと言います。カーテンやブラインド、障子などによって室内外ともに窓を美しく演出するだけでなく外の光を調節したりプライバシーを保護したり、断熱の効果などもあります。

      「カーテン」

      最も多い手法です。好みのファブリックを使用することでインテリアイメージを高めるだけでなく、厚手のドレープや薄手のレースを使い分けることで断熱、防音、遮蔽などの機能性も兼ね備えています。通常のカーテンとは反対に無地のドレープを窓側に、カラーレースや刺しゅう入りレースなどを室内側に設置することで昼間も夜も楽しめるカーテンになります。カーテンレールを天井付近の高い位置に設置しカーテンの縦の長さを強調するのもいいですね。海外では天井が高いこともあり窓より高い位置からカーテンをつるすことも多いです。

      「ブラインド」

      ブラインドには横型と縦型(バーチカルブラインド)があります。横型ブラインドはアルミ素材のものだけでなく木製のブラインドも人気です。木製ブラインドは温かみのあるインテリアを演出できますが、重量があるため大きな窓や上げ下げが頻繁な窓にはあまり適していないかもしれません。一般的な羽(スラット)の幅は15mmや25mmですが幅の広いタイプ(50mm)のアルミブラインドもあります。操作性もよくスタイリッシュな空間を演出できます。

      バーチカルブラインドは大きな窓に最適です。縦にラインがでるため窓が大きく見え開放的な空間が生まれます。またカーテンのように左右に開閉するのでベランダ等への出入りも容易です。モダンなインテリアイメージにはお勧めです。

      「ハニカムスクリーン」

      ハニカムスクリーンは断面が六角形のハニカム(ハチの巣)が並んだちょっと変わったデザインが特徴です。この六角形の空洞が空気の層となり断熱性、保温性をUPさせます。形状が似ているものにジャバラ状(扇子のような形状)に生地が折りたたまれて上下に開閉するプリーツスクリーンがあります。ともに脇のチェーンで上下に上げ下げするタイプなので風を通すときなどは上げる必要があります。

      装飾性と機能性を考えたウインドウトリートメントを一新することでお部屋のイメージを変えプチリノベーションしてみませんか。

      2019.12.28

    • main_point_detail

      間取りを考えるヒケツ

      収納はたっぷり欲しい!でもリビングも広くとりたい!リノベーションをする時に最もよく聞かれる要望です。限られた空間のなかで要望をかなえるには間取りの工夫が必要です。〇LDKなどにとらわれない自分の生活にあった間取りを考えてみませんか。

      「ウォークインクローゼット」

      プライベート空間である寝室から洗面室などのサニタリー空間へは直接行き来できた方が便利です。またウォークインクローゼットは寝室に隣接して配置することが多いですよね。となると、寝室に隣接した2つの空間はひとつの動線でつなげると使い勝手がよくなります。空間を効率よく利用しサニタリーからウオークインクローゼットを経由して寝室へつながる回遊動線にするととても便利です。洗濯乾燥から収納、着衣までをスムーズに行うことができます。

      「和室」

      リノベーションで和室をつくることは少ないかもしれません。むしろあまり使っていない和室をなくしてリビングを広げたり洋室にすることのほうが多いかもしれませんね。しかし和室は配置しだいでその時の使い方に応じてどんな部屋としても使うことができます。リビングの隣室ではなく、玄関からリビングまでのつなぎの空間として配置すると広めのリビングとしてもよし、扉を閉めて寝室にしてもよし、玄関から直接お客様をお迎えする部屋にしてもよしと、しっかり活用できるスペースになります。

      「廊下」 

      プランニングの際はできる限り廊下を少なくするように考えることが鉄則です。しかし集合住宅やもとの間取りによっては難しい場合もあるかもしれません。それなら廊下を作りながらも移動空間としてだけでなく、ほかの用途をもたせることで暮らしのなかにゆとりをつくり出せるのではないでしょうか。廊下と居室の壁を建具に変えることで部屋の広がりができたり、廊下の壁一面を本棚にすることで収納としての空間を兼ねることもできます。

      部屋と部屋とのつながりや配置を工夫することで、いくつかの用途として利用できる空間になります。間取りを考える際にぜひ工夫してみてくださいね。

      2019.12.28

    • main_point_detail

      何から手をつける?断捨離のすすめ

      モノが多すぎて片付かない!というのがリノベーションのきっかけという人も多いのではないでしょうか。最近では「断捨離」という言葉は聞きなれた言葉になりました。そもそも断捨離というのは不要なものを断ち、捨てることでモノへの執着から離れ、生活に調和をもたらすという思想のことです。断捨離を実践する人のことを「ミニマリスト」と呼ぶこともありますね。モノを手放すことに尻込みしてしまう人にとってリノベーションは断捨離の良いタイミングです。

      どこから手をつけて整理するのがいいのか、そしてリノベーション後も片付いた部屋をキープするにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

      「使う・使わないの見極め」

      場所ごとに使う・使わないを考えながら整理していきましょう。食器を断捨離する場合まずは棚の中のものをすべて出すことから始めましょう。びっくりするくらいたくさんの物がでてきますよ。壊れているもの、欠けているもの、数がそろっていないもの、全く使っていないものは処分し、日常的に使う食器や好きなものだけを残します。処分することで出し入れもスムーズになり自分の好みを把握することができ無駄に買うことも防げるようになります。

      洋服の場合は2年間着ていない服があったら手放すことをお勧めします。すべての洋服を出し、体形にあっていない服、汚れや毛玉が目立つ服、似たような服などは処分し、コーディネートのパターンを検討します。意外にもいつも着る服とあまり着ない服が明確になりますよ。持ち服のレパートリーを把握すると今後買い足したい服やアクセサリーをイメージすることができ、似たような服を買ってしまう失敗が少なくなります。

      ただしどうしても捨てられないと判断に迷うものがでてきた場合は一度保留にして後日改めて必要かどうか判断することも大切です。まだ使えるものは捨てるだけでなく人に譲ったり買い取りサービスを利用するなどで役立つ断捨離を目指しましょう。

      「まとめ」

      モノを手放す行為は慣れてしまえば日常的に必要のないものを処分できるようになります。まずは一つの扉の中だけ・・など1コーナーだけからスタートしてみましょう。断捨離に成功したら自分にとって本当に必要なものだけが残り、大切に使おうという意識が芽生えます。新しいモノが欲しくなった時は「似たようなモノを持っていないか」「代用できるモノを持っていないか」を検討し「ひとつ買ったらひとつ捨てる」など自分ルールを決めて整理された部屋をキープするようにしましょう。

      2019.12.28

    もっとコラムを見る

    イベント・セミナー情報

    もっとイベントを見る

    一般社団法人リノベーション協議会

    ページの先頭へ戻る

    OFFICIAL ACCOUNT

    • facebook
    • Twetter